住宅改修

介護保険制度を利用した住宅改修で快適で、住みやすいわが家に!

ファインケアでは、居宅介護支援事業所のケアマネージャーが窓口となり、介護保険を利用した住宅改修を承ります。
先ずは、担当ケアマネージャーとご相談下さい。

<住宅改修の種類と目的>

1.手すりの取付 転倒防止や移動補助 ・廊下・トイレ・浴室など
2.床段差の解消 スムーズな移動、転倒防止 ・玄関に式台設置・敷居の撤去
・屋外のスロープ設置 など
3.床材の変更 スムーズな移動、転倒防止 ・開き戸から引き戸へ変更
・ドアノブをレバーハンドルへ変更
・戸車の設置 など
4.扉の交換 スムーズな出入り ・滑りにくい床材への変更
・畳からフローリングへの変更
5.便器の取替え 立ちしゃがみなどの身体の負担を
軽減するため
・和式便器を洋式便器に変更
6.その他の付帯工事 1〜5までの工事に伴うもの。

<住宅改修は施工前の事前申請が必要です>

施工前に市町村に必要書類(ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士作成による「住宅改修が必要な理由書」 など)を添付した申請をし、保険給付の対象となることを確認してから着工する必要があります。先に、工事をしてしまうと保険給付の対象となりません。

<介護保険での支給額の上限は20万円です>

20万円を超えると、全額ご利用者負担になります。
20万円以内であれば、分割利用が可能です。※要介護度が3段階上がった場合、転居した場合は再利用できます。

<住宅改修までの流れ>


<住宅改修例>

玄関から門までのスロープを設置

階段と芝生でつながった玄関前のアプローチ。
車いすでの出入りを考慮して玄関ポーチからのゆるやかなスロープにしました。

玄関入口に手すりを設置

玄関入口の段差を昇りやすくするために、手すりを設置しました。

▲ページの先頭へ